*

年金制度で考える「高齢者を支える人数」 最終回

公開日: : 年金・社会保障ネタ

さて、前回までに保険料負担のない3号被保険者1005万人と、1号の未納者約600万人を考慮すれば、年金制度で考える「高齢者を支える人数」はすでに「1.38人」に過ぎないということであった。

一方でマスコミなどで取り上げられる生産年齢人口(15-64歳)と高齢者人口(65歳以上)から求められる「高齢者を支える人数」は現在2.7人で、20年後には3割減の1.8人程度になると試算されている。

いかがだろう?3人程度で支えていたものが2人を割ると聞いて何となく不安な気持ちになった方は「1.38人なんて既に破綻しているじゃないか」と思われたか、「1人弱でも現行制度が運営できるなら工夫次第で持続できるじゃないか」と思われたか、どちらであろう。

もちろん現役層が減ることは避けられないので、「1.38人」も現行制度のままでは減少は避けて通れまい。しかし現在保険料負担が無い人が1500万人もいると思えば、何も支給開始年齢を引き上げるまでもなく、現在の年金受給者に10%の年金カットをお願いすれば、少々乱暴な計算ではあるが、単純に300万人程度の受け手減と同様の効果が見込まれる。

要するに私の申し上げたいことは、正しい理解をせずに世の中の空気(そう、日本に蔓延する政界さえも支配する正体不明の「空気」)で「年金なんてどうせもらえない」「制度は破綻する、抜本的な改革が必要だ」という思考停止状態に陥ってはいけないのではないかということだ。

とはいえ、現行制度の見直しでも十分とは言え、主に農家さんのためにスタートした1号の制度や、女性の社会進出を促進するこのご時勢に不合理な3号の制度は、単に保険料負担者を増やすという視点からではなく、国民全体で議論した上で見直しが必要だと思われる。

この辺の制度の現状、問題点についてはまた今後取り上げたいと思う。

以上、戯言にお付き合いいただきありがとうございました。年金制度で考える「高齢者を支える人数」をこれにて終了させていただきます。

関連記事

no image

55.0%

本日10月28日厚生労働省年金局発表の「国民年金保険料の納付率について(平成23年8月末現在)」によ

記事を読む

働く高齢者年金増額案

今日も年金の話題が出てました。厚労省が年金をもらいながら働く「在職老齢年金」の制度見直しに着手したと

記事を読む

no image

1兆6543億円

厚生労働省が公表した平成23年度の労働保険料の使途内訳によると雇用保険料収入が2兆4116億円、うち

記事を読む

no image

生活保護受給者10ヶ月連続の増加

厚生労働省は22日、被保護者調査(月別概要:平成25年2月分概数)を公表しました。 生活保護受

記事を読む

no image

平成22年人口動態統計年報

昨日30日に発表された「平成22年人口動態統計年報」(東京都の衛生統計より)に面白いデータがありまし

記事を読む

no image

高齢者を支える人数 その2

昨日の続きです。 生産年齢人口を元に計算される「1人の高齢者を支える人数」は現在「2.7人」だ

記事を読む

70歳年金時代

昨日は珍しく現役若手にもメリットのある高額療養費見直し案のニュースが出たので、取り上げませんでしたが

記事を読む

no image

年金積立金 第2四半期運用成績は-3.32%

12月2日年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2011年7-9月期の運用成績が、-3.7兆円

記事を読む

国保滞納 学資保険

国保滞納処分の話

自営業者や無職の人、年金生活者が加入する保険が国民健康保険、略して国保です。昨日の日経新聞にも出てい

記事を読む

「高額療養費制度」見直し案

今日も年金、社会保障の報道がいくつかありました。その中でも現役若年層にも(珍しく?)メリットのありそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

グループ申請
電子申請よもやま話

先週は珍しく風邪を引き、寝込んだり、症状が軽くなっては、寝込んだりの繰

あかり
41.67%

あまり話題になっていなかったので忘れるところだったが、週末のお隣葛飾区

柴犬
明日は選挙

お隣葛飾区の区議会議員と区長選挙です。マンション横の自転車置き場(旧墨

初宮詣で 神田明神
「番組が死ぬ」テレビ業界、戦々恐々

WEBを見てたらたまたま見つけた記事、産経系のWEBニュースで、 政

国保滞納 学資保険
国保滞納処分の話

自営業者や無職の人、年金生活者が加入する保険が国民健康保険、略して国保

→もっと見る

  • 本日は拙サイトに足をお運びいただきありがとうございます。足立区綾瀬の社会保険労務士・行政書士沖田です。

    東京都社会保険労務士会
    足立・荒川支部

    東京都行政書士会
    足立支部
    第11082417号


    社会保険労務士沖田事務所トップ

  • 2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑